top

Canine Connections was created by a group of concerned animal lovers who visit animal shelters on a regular basis. We realized that the local shelters did not get enough publicity, that the public was not aware of the sad fact that animals wait patiently to be claimed by their owners, or even that there are animals that were given up to animal control officers, to be adopted into loving homes.
Many shelters do not have the room to keep homeless animals until they are adopted. Many adoptable animals are put to sleep simply because their time ran out and there was no room for them to be housed.

We are staffed by a dedicated group of volunteers who will be happy to help you decide what type of pet is best for your specific situation. Because we work with many shelters, we can refer you to the shelter that has a pet that maybe just right for you!

1. Adopt a pet for the right reasons – Is this a spur of the moment decision? Did you see a cute furry face in a store window? Is it because your children are hounding you for one? Or is it because you have decided that you want the companionship that an animal can provide during its lifetime?

2. Consult your entire household – Everyone that has to live with the pet should be in agreement about adopting it. If you are adopting it for your children, are you willing to care for the pet once the kids lose interest? (See Attention Parents below)

3. Consider your lifestyle – Do you travel a lot or work most of the day? Do you have young children or other pets that may not interact well with a new pet? Is an energetic puppy that needs to be housebroken, prone to chewing everything, and in need of obedience training right for you?

4. Evaluate living accomodations – Many rental places do not allow pets or restrict what type of pet you can have. Do you anticipate a move in the near future?

5. Not everyone can live with a pet – Is anyone in your household allergic to pets? Or is anyone in the house fearful of that type of pet?

6. Time Management – Do you have time to train, socialize, and offer companionship to that animal? Do you have the time to feed, clean up after, groom, exercise, and play with that pet?

7. Budget expenses for your pet – Do you have the money to pay for food, toys, bowls, collars, cages, obedience lessons, kitty litter, and other such expenses? do you have the money to pay for visits to the veterinarian and the proper vaccinations for that pet?

8. Pets need room to roam – Do you have the appropriate space for the type of pet you are considering? Are you looking to adopt a large, energetic dog to live in your studio apartment?

9. Troubleshooting 101 – Are you prepared to deal with problems that may arise from pet ownership? Chewed or scratched furniture, flea infestations, accidents on the good carpet, behavior problems, etc…

10. Prepare for a lifetime commitment – Are you prepared to make a commitment to that pet for its entire lifetime? They don’t remain cute, adorable puppies and kittens forever. Are you prepared to make the commitment to be a responsible pet owner for the next 10-20 years (the average life span of many dogs and cats.

In a word–Housebroken. With most family members gone during the work week for 8 hours or more, housetraining a puppy and its small bladder can take awhile. Puppies need a consistent schedule with frequent opportunities to eliminate where you want them to. They can’t wait for the boss to finish his meeting, or the kids to come home from after school activities. An older dog can “hold it” much more reliably for longer time periods, and usually the Rescue has him housebroken before he is adopted.

Intact Underwear. With a chewy puppy, you can count on at least 10 mismatched pairs of socks and a variety of unmentionables rendered to the “rag bag” before he cuts every tooth, and don’t even think about shoes! Also, you can expect holes in your carpet (along with urine stains), pages missing from books, stuffing exposed from couches, and at least one dead remote control. No matter how well you watch them, it will happen–this is a puppy’s job! An older dog can usually have the run of the house without destroying it.

A Good Night’s Sleep. Forget the alarm clocks and hot water bottles, a puppy can be very demanding at 2 a.m. and 4 a.m. and 6 a.m. He misses his littermates, and that stuffed animal will not make a puppy pile with him. If you have children, you’ve been there and done that. How about a little peace and quiet? How about an older rescue dog?

Finish the Newspaper. With a puppy running amok in your house, do you think you will be able to relax when you get home from work? Do you think your kids will really feed him, clean up the messes, take him for a walk in the pouring rain every hour to get him housetrained? With an adult dog, it will only be the kids running amok, because your dog will be sitting calmly next to you, while your workday stress flows away and your blood pressure lowers as you pet him.

Easier Vet Trips. Those puppies need their series of puppy shots and fecals, then their rabies shot, then a trip to be altered, maybe an emergency trip or two if they’ve chewed something dangerous. Those puppy visits can add up (on top of what you paid for the dog!). Your donation to the rescue when adopting an older pup should get you a dog with all shots current, already altered, heartworm negative, and on preventative at the minimum.

What You See Is What You Get. How big will that puppy be? What kind of temperament will he have? Will he be easily trained? Will his personality be what you were hoping for? How active will he be? When adopting an older dog from a rescue, all of those questions are easily answered. You can pick large or small; active or couch potato; goofy or brilliant; sweet or sassy. The rescue and its foster homes can guide you to pick the right match (Rescues are full of puppies who became the wrong match as they got older!)

Matchmaker Make Me A Match. Puppy love is often no more than an attachment to a look or a color. It is not much of a basis on which to make a decision that will hopefully last 15+ years. While that puppy may have been the cutest of the litter; he may grow up to be superactive (when what you wanted was a couch buddy); she may be a couch princess (when what you wanted was a tireless hiking companion); he may want to spend every waking moment in the water (while you’re a landlubber); or she may want to be an only child (while you are intending to have kids or more animals). Pet mis-matches are one of the top reasons rescues get “give-up” phone calls. Good rescues do extensive evaluating of both their dogs and their applicants to be sure that both dog and family will be happy with each other until death do them part.

Instant Companion. With an older dog, you automatically have a buddy that can go everywhere and do everything with you NOW. There’s no waiting for a puppy to grow up (and then hope he will like to do what you enjoy.) You will have been able to select the most compatible dog: one that travels well; one that loves to play with your friends’ dogs; one with excellent house manners that you can take to your parents’ new home with the new carpet and the new couch. You can come home after a long day’s work and spend your time on a relaxing walk, ride or swim with your new best friend (rather than cleaning up after a small puppy.)

Bond–Rescue Dog Bond. Dogs who have been uprooted from their happy homes or have not had the best start in life are more likely to bond very completely and deeply with their new people. Those who have lost their families through death, divorce or lifestyle change go through a terrible mourning process. But, once attached to a new loving family, they seem to want to please as much as possible to make sure they are never homeless again. Those dogs that are just learning about the good life and good people seem to bond even deeper. They know what life on the streets, life on the end of a chain, or worse is all about, and they revel and blossom in a nurturing, loving environment. Most rescues make exceptionally affectionate and attentive pets and extremely loyal companions.

Unfortunately, many folks think dogs that end up in rescue are all genetically and behaviorally inferior. But, it is not uncommon for rescues to get $500 dogs that have either outlived their usefulness or their novelty with impulsive owners who considered their dog a possession rather than a friend or member of the family; or simply did not really consider the time, effort and expense needed to be a dog owner. Not all breeders will accept “returns”, so choices for giving up dogs can be limited to animal welfare organizations, such as rescues, or the owners trying to place their own dogs. Good rescues will evaluate the dog, rehabilitate if necessary, and adopt the animal only when he/she is ready, and to a home that matches and is realistic about the commitment necessary to provide the dog with the best home possible.

Choosing a rescue dog over a purchased pup will not solve the pet overpopulation problem (only responsible pet owners and breeders can do that), but it does give many of them a chance they otherwise would not have. But, beyond doing a “good deed”, adopting a rescue dog can be the best decision and addition to the family you ever made. Rescue a dog and get a devoted friend for life!

これは、呼び出された腸内細菌叢および生物相をセットに細菌に住んでいる腸の関係で、共生型の両方のダイナーと共生している。

このセットは、の一部である正常な微生物叢の細菌の大部分は健康に有害ではない、多くは有益である。

それは、人間が唯一の100が有害になることができるそのうちの2000異なる細菌種内で持っていると推定される。

多くの動物種があなたの腸内細菌叢に非常に密接に依存している。

例えば、それなしで、牛が消化することができないだろセルロースを、そしてシロアリはを餌木彼ら自身が、これらの食品を処理することができる彼らの腸内細菌叢、ではない。

ヒトでは、依存性はとてもラジカルではないが、それは重要である。

時には助け吸収の栄養素を、フォーム生態系そのものを調節し、バランスに保たれ、複雑に他の回では、彼らのような特定の化合物の合成に不可欠なビタミンKや一部のB複合体である。

またの生産などの副作用がある気体の特性臭いの原因と、糞をそれらのいくつかは、さまざまな重症度の感染症を引き起こす可能性があります。

大人の工場は腸、および外因性の老化、ダイエット、ストレス、抗生物質を含有食品バイオティックまたは生物プロバイオティクスと呼ぶ。

構成されている微生物は、に非常に敏感であり、抗生物質、そしてそれが起こるときに、これらは、その破壊の主な原因である。

これは、糞便を通じて定期的に排泄死者微生物を再生成します。開発するために病気を防ぎます。

乳児の腸内細菌叢

中腸新生児無微生物の。これは、これらの細菌にのみ腸内で内因的に産生されるビタミンK欠乏症のとりわけ引き起こす。

このため、新生児におけるビタミンKの初期用量の適用が必要である。

人生の初期段階中に、初期から動植物最初動植物作曲膣や胃腸の母をその後の効果ミルク母は、優位は好まれているビフィズス菌の乳児ではよく供給され、多様な植物相および他の食品を受けている。

最後に、後に離乳、大人の植物相への移行植物相の変化が起こる。

腸内細菌叢

腸内細菌叢は、そのようないくつかの炭水化物の代謝、専門化などの機能にいくつかの研究で関連している免疫系および内皮の細胞増殖制御、特にコロン(結腸)が問題です。

この最後の機能は、細菌が繊維が豊富な食品を代謝する際、無料であるため、この領域の癌の制御のために非常に重要である。

酪酸は、大腸の細胞の分化に関与し、誘導するアポトーシスのために重要である、発癌性であり得、炎症を軽減するために非機能細胞を除去する。

炭水化物代謝

腸内細菌叢の一部のタイプが持っている酵素を体内の他の場所では見られない炭水化物の消化のため多糖、デンプン、などのオリゴ糖と体が代謝中に吸収しないいくつかの糖類、それらが収容された内のさまざまな細菌によって消化された。

このため、炭水化物代謝、発酵により、ガス、鼓腸、便の特徴的な匂いで発生する。

免疫系の特殊化

腸内細菌叢、腸粘膜に関連したリンパ組織の専門化に重要な役割を持っています。

これらの細菌は、リンパ球(特に担当するTリンパ球は、より適切な侵入抗原を認識することができます)ではない体に有用です。

このように、腸内細菌は、細菌叢の優勢菌がどうなるかを決定する生存を促進するための特殊な免疫システムを収容した。

腸に滞在された最初の細菌が彼らの生存を促進するために彼らの微小環境を適応させるため、これは、新生児、彼らは食べ物を大切にすべき理由の一つであり、これは他の実装に影響を与える可能性がある。

腸内細菌叢の変化

腸内細菌叢の変化が人間の健康に有害である可能性がある。

広域スペクトル抗生物質の使用は、細菌の集団が低下することが理由の一つである。

対照的に、の使用プロバイオティクス細菌の条件微小環境を改善することにより腸内微生物叢の増殖は乳児の急性感染性下痢の予防および治療に有用であることが示されている刺激する。

肥満との関係

さまざまな研究は、腸内皮要因を支配する微生物がエネルギーバランスを制御することを実証した。

この平衡はの放出によって支配されるペプチドYY食後満腹感を引き起こすホルモンの一つである。

腸内細菌叢を介してペプチドYYのほかに、腸細胞生成FIAF因子阻害リポタンパク質リパーゼ作る酵素を脂肪分解を、すべての炭水化物や変換保存するために支援する。

場合に腸内細菌叢のバランスは、順番に、肥満を引き起こす可能性が、さまざまなホルモンの分泌の混乱につながるエネルギーバランスのコントロールの欠如を引き起こす。

マウスでの研究は、腸内細菌叢の移植は、肥満のために良い治療法かもしれないことを示した。

腸内細菌叢の肝規制

彼らは中にこれらの細菌、排水溝のいくつかを運ぶことができ、過剰な増殖と腸の血を防ぐボディ、によって制御されるため、これらの細菌は無害で、門脈を通って、肝臓フィルタークリーナーとして作用する。

しかし、などの特定の疾患に肝硬変、肝臓は血液クリアランスのその機能を失う。肝硬変では、肝臓にも受ける線維症を肝臓バイパスして、それを硬化させる。

内部の血管を圧縮または他の静脈を通って戻ってフローをそらすために、ポータル·大静脈吻合を腸内細菌への血液が直接渡すなり、体循環や病気、および/または深刻な状態を引き起こす可能性があります。

糞便細菌叢の移植による治療

改変された腸内細菌叢は、人間に多くの問題を引き起こす可能性があります。

疾患偽膜性大腸炎、大腸炎および過敏性腸症候群は、糞便叢移植によって治療することができる。

この手順では、それらの機能のバランスを回復するために病気の人の腸内の健康な個体に属する糞便腸内細菌叢を堆積させることで構成されています。

性病の治療などで、抗生物質を使用している場合は、薬の作用で腸内環境が悪化します。

引用元:性病検査キットRadicalteacher

性感染症は、世界の主要な公衆衛生問題のまま。これらの感染症は、健康への影響、社会的、経済的、罹患率の主要な原因です。

STI率は、特に15〜25歳歳の人々の間で、いくつかの地域で性的に増加します。

そして、まだ、非特異的感染症の増殖に対処するための最良の方法です。

HIVとエイズの集束パンデミック、サハラ以南のアフリカでは壊滅的な影響は、特に、性感染症の存在などの性感染症を制御するために緊急の必要性に注目が大幅に起因するヒト免疫不全にHIV感染のリスクを増加させる。

これは、性感染感染したパートナーとの患者のためである可能性が高い、と感染または感染患者の復帰への追加の移行を防止するためには、診断と治療のための性的パートナーを参照する必要があります。

これは特にパートナーが、多くの場合、症状をされていないため、治療のために来ていないので、性感染に感染した男性パートナーのために重要です。

それはすべての戦略は、いくつかの意味のあるリソース環境で利用可能な3人の患者を報告すべきであるが、特別な課題があります。

照会は、他の方法と比較して実装するのがより困難で高価な医療提供者によるものであってもよいです。

保健サービスが過負荷にされている場合、それは物事がパートナーを報告議論するために患者のために適切なプライバシーを確​​保することが困難な場合があります。

医療従事者が患者さんのニーズに敏感であることが適切な訓練を受けていない場所と、情報を共有することが少なく傾斜するように患者をリードし、パートナーに通知し、介護者の権威と強制的なアプローチを採用する可能性があります。

そのような男性と女性の間のパワーの格差などの問題を考慮するために、障害が女性やそれらに対する暴力の放棄につながることができますように文化的要因が常に考慮されるべきです。

これに関して、十分な秘密の重要性を強調することができません。最後に、診断、適切な治療施設へのアクセスは、低リソース環境では困難な場合があります。

これは、移民労働者として使用されている都市、農村部でそのパートナーを治療した女性のために特に当てはまります。

一般化することができるこれらの研究からの情報量は、不明です。性感染症の限られた数のパートナー通知の効果と2つだけ試験が途上国で実施レビューに含ま試験を評価しました。

また、このような紛争や家庭内暴力などのパートナー通知の潜在的な負の影響、上のデータの不足は、介入の利益がリスクを上回るかどうかの結論を許可していません。

これは特に重要です。治療免疫不全抗レトロウイルス発展途上国に住んで、HIV /エイズとともに生きる人々のために一般的に利用可能ではなく、どこに病気から病気や早期死亡に接続されている大きな汚名があることは不明です。

このレビューは、ヘルスケア提供者による医療提供者による紹介や患者や紹介によって紹介間の選択は、治療のための保健サービスへのパートナーをもたらすことで、患者による紹介よりも効果的であるという限られた証拠を提供します。

限られた試行回数、およびテスト方法や低所得国の限られたデータでの品質の欠如を考えると、それは相手の通知に異なる戦略の間で選択することはできません。

(HIVの高い率と性感染症を持っている特に、)途上国のさまざまな通知戦略の効果を比較する臨床試験が必要です。

これらのテストは慎重に(例えば、アウトカム評価の割り付けの隠蔽と目詰まりして)バイアスを制限するように設計されなければなりません。

研究は、再感染率と性感染症の発生率、およびコストと有害な効果を含む結果の大きい程度を評価すべきです。